飛騨木曽川国定公園・岩温泉郷にある
東海随一の天然・希少ラジウム温泉

鬼岩公園のご案内

風雪に洗われた花崗岩の巨岩怪岩が
周辺の緑と美しいコントラストを織りなす様は
まさに絶景

飛騨木曽川国定公園
鬼岩公園

木曽川の支流である可児川の源流付近にあり、日本最大の花崗岩や何百万年も浸食されてできた巨石・奇石がたくさんおりなす景勝地です。

また、ツツジやモミジが多くあり、秋は紅葉の名所となっています。

散策コースもあり、緑の中を松野湖を目指して散歩をするのも気持ちのよいものです。

鬼岩公園

散策コース風景

散策コース風景散策コース風景散策コース風景

松野湖

鬼岩公園を流れる平岩川の上流の人造湖。
湖の周囲は森林で、四季折々の美しさを湖面に映し出します。

松野湖

天然・希少ラジウム温泉

天然・希少ラジウム温泉の画像

8500万年以前(白亜紀)の
地層に広がる鬼岩国定公園に位置し
地下1630メートルから湧き出る
日本屈指の名湯"不死鳥の湯"

岐阜県のほぼ中央を流れる飛騨川と、愛知、岐阜の県境を流れる木曽川の中流部に飛騨木曽川国定公園があります。
川のせせらぎや深い緑、そして巨岩が織り成す天然の美は、心癒されるオアシスです。
そんな素晴らしい国定公園のロケーションの一画に、大都市名古屋の奥座敷、鬼岩温泉郷があります。
この小さないで湯の郷にて、東海随一の天然・希少ラジウム温泉湧出に成功しました。