飛騨木曽川国定公園・岩温泉郷にある
東海随一の天然・希少ラジウム温泉

湯元館について

冴えた空気に風が踊り、草木は微笑む。
壮大な景観美と、心地よい滝の流れが
身も心も安らぎに包みます。

天然ラジウム温泉「不死鳥の湯」

天然ラジウム温泉「不死鳥の湯」の写真
鬼岩湯元館の温泉は、全国的にも非常に希少なラジウム温泉です。
その効能は、自然治癒力・新陳代謝の向上・細胞の活性化といったものが挙げられます。
その効果を最大限に得るには、その蒸気を吸うことが大切と言われ『吸う温泉』とも呼ばれております。
八千五百万年(白亜紀)以前の地層から湧出するという他に類を見ない天然温泉で、湧出量および成分含有量も群を抜いており、療養泉としての効果が非常に期待されております。

石英片岩の赤外線・マイナスイオン効果

石英片岩の赤外線・マイナスイオン効果鬼岩湯元館のラジウム温泉で使用されている石英片岩とは、超高圧(10,000気圧)で超高熱(5000℃)下で生成されたシリカ(SiO2)を主成分とする岩石です。
フォッサマグナ地帯の極一部でしか採掘できない世界的に珍しい岩石です。
月の石の分析で知られるマサチューセッツ工科大学J.Simons博士は、石英片岩の強度、靭性、耐熱性を非常に高く評価しました。
NASAで初期のスペースシャトルに使用されていたこともあります。

赤外線効果

石英片岩は遠赤外線のうち4~16μmの「育成波長」を放射しており、細胞を活性化させます。
遠赤外線の放射作用により湯の熱がじわじわと体に入るため、熱い湯でもまろやかに感じます。

■分析結果
遠赤外線放射率 : 88.7~90.6%
放射量 : 0.2~0.32mW
波長 : 4~20μm

マイナスイオン効果

トルマリンをはるかにしのぐマイナスイオンを放射します。
副交感神経に作用し、睡眠・鎮痛・抑汗・食欲亢進・血圧降下など鎮静効果をもたらします。

■分析結果
弱振動の場合 石英片岩 1165.0±128個/cc > トルマリン 473.8±15.3個/cc
強振動の場合 石英片岩 7556.0±521個/cc > トルマリン 1722.4±36.4個/cc

天然ラジウム温泉の効能

  • 神経痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 五十肩
  • 運動麻痺
  • 関節のこわばり
  • うちみ
  • くじき
  • 慢性消化器病
  • 痔病
  • 冷え性
  • 病後回復期
  • 疲労回復
  • 健康増進
  • 痛風
  • 動脈硬化症
  • 高血圧症
  • 慢性胆嚢炎
  • 胆石症
  • 慢性婦人病
  • 慢性皮膚炎

天然・希少ラジウム温泉

天然・希少ラジウム温泉の画像

8500万年以前(白亜紀)の
地層に広がる鬼岩国定公園に位置し
地下1630メートルから湧き出る
日本屈指の名湯"不死鳥の湯"

岐阜県のほぼ中央を流れる飛騨川と、愛知、岐阜の県境を流れる木曽川の中流部に飛騨木曽川国定公園があります。
川のせせらぎや深い緑、そして巨岩が織り成す天然の美は、心癒されるオアシスです。
そんな素晴らしい国定公園のロケーションの一画に、大都市名古屋の奥座敷、鬼岩温泉郷があります。
この小さないで湯の郷にて、東海随一の天然・希少ラジウム温泉湧出に成功しました。